逆流性食道炎 逆流性食道炎の症状 胸やけ

逆流性食道炎は病気

最近、「胸やけ」を感じたことはないでしょうか。この胸やけは、食べ過ぎやストレスなどが原因で、胃にあるべき強い酸性の胃液が食物と混じり合って食道に逆流してきて、その酸が食道の粘膜を刺激することで起こる症状です。

 

「胸やけ」が時々であればいいのですが、頻繁に起こるようであれば、それは「逆流性食道炎」という病気かもしれません。

 

これまで逆流性食道炎は欧米には多かったのですが、日本ではそれほど多くないと考えられた来ました。ですが日本でも高齢化の進行や食事の欧米化などでかかる方が増えてきています。

 

現在では、日本人の5人に1人が逆流性食道炎であると言われているほどの身近な病気になってしまっています。それは高齢化や食事のほかにストレスが拍車をかけているからです。「ストレス社会」と言われる現代で増加するのもうなづけます。

 

また本来、逆流性食道炎は食道の「下部括約筋」の年齢的な衰えが原因で起こる病気であり、30代〜40代の中年期以降の人がかかりやすいとされてきた病気でした。しかしストレスの影響で、最近では20代など若い世代にも多く見られるようになってきて患者数を増やしているんです。

 

そして日本では、逆流性食道炎が病気であるという認識が低くせいか、自分でたいしたことないとかってに判断して長期間放置したり、またこのくらいのことで身近な人にでも相談しにくいと我慢したりすることもあるようです。

 

でも苦しいものは苦しいので、すなおに自分の体の声にしたがってください。

逆流性食道炎は早めの治療を

逆流性食道炎は、放置すると単に「胸やけ」だけでなく体の多方面に影響してくるつらい病気です。長期間放置していると合併症を起こしたり、また食道ガンのリスクも高くなります。

 

逆流性食道炎は、悪化してしまうと治療が数年単位の長期に及ぶことも多くて、簡単に治る病気ではなく、また多くの症状が出てきます。さらに薬がきかないという場合もあります。

 

そのため初期の段階で、適切な治療を行うことがとても大切になってきます。ご自分の身体からのサインを見逃さないで対処することをお勧めします。

 

本サイトでは、逆流性食道炎についての情報を紹介していますのでご参考になさってください。

逆流性食道炎の症状と治療の情報を紹介!

スポンサードリンク